合宿免許のデメリット まとまった期間が必要

合宿免許はちょっと……という人たちも実際にはいらっしゃることでしょう。

インターネットの口コミなどリサーチすれば、実際に合宿免許がどうなのかいろいろ見えてくるものもあります。

合宿免許のデメリット

合宿免許ってメリットばかり囁かれていますが。

通学での運転免許取得よりも合宿免許の方が全然いいというのは事実なのでしょうか。

まとまった期間が必要

合宿免許で注意をしなければならないのは、まとまった期間が必要ということです。

ですから、サラリーマンが合宿免許がいいと思ってもなかなか休みをとることができないから、どうしても通学での運転免許取得ということになるのではないでしょうか。

もしも、合宿免許という選択肢も視野に入れるのなら、やっぱり若い時期に運転免許証取得という意識は大事でしょう。

合宿免許は入校から卒業まで16日間は必要不可欠、その程度の休みを取ることができない人たちは、そもそも合宿免許を断念しなければならないでしょう。

若い人たちばかりかも

ですから、もしもたまたまサラリーマンの方々が休みが取れたから合宿免許というモチベーションでいても、合宿免許に行けば若い人たちばかりで、ちょっと浮いてしまうかもしれないですよね。

それでも黙々と運転免許取得している人たちはいますが、メンタル的に合宿免許は駄目という人たちはいらっしゃることでしょう。

2週間その他の事はでき辛い生活

合宿免許って自由な生活が待っているみたいな記事も多く見ることがありますが、実際には、その人たちそれぞれのモチベーション次第ということになるのではないでしょうか。

確かに、考えとして合宿免許には自由な時間があるといういい方もすることができます。

しかし、合宿免許は、2週間程度、合宿という時間に縛られているから、自由といういい方はとてもじゃないけど正確ではないかもしれません。

メンタル的には、相当ストレスを感じてしまう人たちがいるかもしれないですよね。

じはられている……ということは、一日かけてああいうことがしたいとか、どっかへ行きたいということは断念しなければなりません。

ということは、就職活動か何かで大事な用事がこの日一日だけあるというケースでも、残念ながらあなたは合宿免許を断念しなければならないということになります。

合宿免許は自由だ……と考えている人たちは、敢えて、合宿免許はしばられるものだという若干の訂正が必要かもしれません。