Menu

映像機材とは(ディスプレイ編)

どんなに優れた映像も、ディスプレイがなければ再生することはできません。会社のプレゼンや地域の上映会など、その出番は意外と多いものです。当然ながら、映す場面やシチュエーションによって、製品を使い分ける必要があります。 まず基本となるのは、画面の明るさです。暗所で上映する場合、あまりにも強すぎる光は、かえって鑑賞を阻害していしまいます。もちろん調整機能はついていますが、製品ならではの特徴もありますので、口コミなども確認しておきましょう。一方解像度は、高ければ高いほど鮮明な映像が楽しめます。ただ比例して値段も上がるのが常ですので、財布の中身とも相談することが大切です。 接続機器を確かめることも欠かせません。現在流通しているラインアップは、HDMI接続が基本となります。ただ、一部のDVDデッキでは、コンポジット端子もまだまだ現役です。対応していなければ、変換ケーブルなどの余計なものを買い足さなければなりません。無駄な出費を抑えるためにも、カタログは丹念に調べておきましょう。 他にも、有機ディスプレイや3D映像対応など、様々な製品が存在します。イベントで使うだけならレンタルも検討して、上映を成功させていきましょう。